「学校とICT」Webサイト商品一覧

Sky株式会社
ソフトウェア・ダウンロード詳細

ソフトウェア・ダウンロード

種類・名称
更新プログラム
対象商品
SKYMENU Pro Ver.7
Windows Update支援機能をMicrosoft Software Update Services(SUS)の環境でご利用のお客様
更新内容
本プログラムの適用により、Windows Update支援機能で使用するサービスがMicrosoft Software Update Services(SUS)からWindows Server Update Services(WSUS)に変更されます。
適用方法
基幹サーバも含めた全端末に対して、基幹サーバからリモートアップデートを実行してください。
※クライアント復元の復元設定を無効にして実行してください。
手順
リモートアップデート用更新ファイルをダウンロードしてください。
  1. 基幹サーバで「リモートアップデート管理ツール」を起動してください。
    アップデート管理 画面
  2. 「アップデートモジュールの追加」を選択し、更新ファイルを読み込んでください。
    アップデートモジュール選択 画面
    更新ファイルは2つあります。
    ◆Windows Update支援クライアント
    ◆Windows Update支援サーバ
    モジュール毎に3・4の手順を実施してください。

  3. 「取り込み」を押すと以下のメッセージが表示されますので、「ソフトウェアのアップデートを行う」を選択して「OK」を押してください。
    リモートアップデートサーバ 画面
  4. 「登録に成功しました」と表示されると、各クライアントでアップデート作業が始まります。
    登録に成功しました 画面
    ※クライアント復元が無効になっていない場合は、アップデートが開始されません。復元設定を無効に変更してください。
  5. リモートアップデート管理ツールから「クライアント情報一覧」を開き、以下の2点を確認してください。
    ◆基幹サーバのWindows Update支援サーバのバージョンが「7.020.00」に変更されていること。
    ◆全端末(基幹サーバ含む)のWindows Update支援クライアントのバージョンが「7.020.00」に変更されていること。
    クライアント情報一覧 画面
    以上でアップデートは完了です。
  6. 基幹サーバで「Windows Update設定ツール」を起動し、「Windows Update支援」の設定を行ってください。「Windows Update設定ツール」は、「C:\Program Files\SKYMENU\WU」の「WuSvrCfg.exe」をダブルクリックして起動します。
    Windows Update設定ツール 画面
    お使いの環境に合わせてアカウントやポート番号等の設定変更を行ってください。「WSUS設定」のサーバ名は、初期設定では未入力(空白)となっていますので、必ずサーバ名を入力してください。

    WSUSで使用するポート番号を80以外に設定している場合は、「Windows Update設定ツール」を使って、「Windows Update支援」で使用するポート番号の設定変更を行ってください。「Windows Update設定ツール」は、「C:\Program Files\SKYMENU\WU」の「WuSvrCfg.exe」をダブルクリックして起動します。
  • プログラムの変更により、「インストールマニュアル」と「機能引き辞書 校内ネットワーク運用支援」の記載内容に変更点があります。変更内容については、PDFファイルを用意しておりますので、ダウンロードしてご確認ください。

  • (PDF書類:3.5MB)