「学校とICT」Webサイト商品一覧

Sky株式会社
SKYMENU Pro Ver.15
ユーザ情報管理

情報モラルメッセージ

子どもたちがルールに沿ってコンピュータを適切に使えるようにメッセージを表示します。繰り返しメッセージを表示することでルールやマナーを意識させ、責任や自覚をもったコンピュータ利用を促します。

メッセージ機能

学習者機に「コンピュータは学習のために使いましょう」
「みんなのコンピュータ教室です。大切に使いましょう」
などのメッセージを表示します。

また、コンピュータの利用におけるルールを設定でき、ルールに反したコンピュータの操作を行った場合、注意を促すメッセージを表示します。

メッセージ機能画面

メッセージ表示履歴のレポート閲覧・出力

「いつ」「誰に」「どれくらい」「どのような内容」の情報モラルメッセージが表示されたのかをグラフなどで表示し、出力できます。

子ども1人ひとりや、学校全体の禁止操作の傾向を把握し、指導に生かせられます。

メッセージ表示履歴のレポート閲覧・出力画面

コンピュータ使用時のルール・メッセージ

子どもの特定の操作に対して、学習者機にメッセージを表示します。

メッセージの表示タイミングや条件は、チェックボックスで簡単に設定できます。
予め、子どもたちの発達段階を考慮し、「小学校低学年」「小学校中学年、高学年」「中学校、高等学校」に分けてメッセージ文をご用意しています。
メッセージの内容は編集できるので、子どもの実態に合わせて柔軟に設定できます。

【メッセージの例】

No 表示タイミング 小学校(中学年、高学年)で表示されるメッセージ
1 ログオンした時 正しい姿勢で座りましょう。
2 ログオンした時

友だちに自分のユーザIDやパスワードを教えないようにしましょう。

3

前回、コンピュータの電源を切らずに授業を終えた時

前回、ログオフやシャットダウンがされていませんでした。使った後は、必ずログオフやシャットダウンをしましょう。

4 パスワードを変更した時 友だちに自分のユーザIDやパスワードを教えないようにしましょう。
5 ログオンした時(パスワードを定期的に変更していない場合) 同じパスワードがずっと使われています。安全のために、定期的にパスワードを変えましょう。
6 インターネットブラウザを起動した時

学習に関係のあるホームページを利用しましょう。

インターネットはたくさんの人に見られます。個人情報(名前、住所、電話番号など)や、人を傷つけるような内容を書き込んではいけません。

7 Webページ内の文字やデータをコピーした時 インターネット上の情報をコピーするときは、取り扱いに注意しましょう。
8 印刷ボタンを押した時 印刷する前に、間違いがないか、もう一度確かめましょう。
9 印刷ボタンを連続して押した時 印刷ボタンを1度押しても印刷されない場合は、先生に相談しましょう。
10 子どもがソフトウェアのインストールを実行した時 勝手に新しいソフトウェアを追加してはいけません。
11 ゲームを起動した時(アクセサリ内) 学校のコンピュータは学習に使いましょう。
12 授業時間以外にログオンした時 みんなのコンピュータ教室です。大切に使いましょう。