有償開放特許情報

117,

映像編集支援システム及び映像編集支援プログラム

【出願日:2010年3月25日/出願番号:特願2010-069107】
【登録日:2014年8月22日/登録番号:特許第5599632号】

目的

記録再生機器等において再生される映像の編集作業において、映像を視聴しながらユーザが行った操作内容に基づいて編集箇所を自動的に特定し、編集作業を支援するシステムを提供することを課題とする。

技術概要

映像編集支援システムは、映像の再生者が重要と判断した箇所を示すポイント情報を記憶しておき、その記憶したポイント情報を用いて映像内の重要範囲を判定する。重要範囲は、映像を予め一定の時間的範囲で区切った区間ごとに記録されたポイント数に応じて決定する。つまり、区間に対応するポイント数に応じて当該区間の時間的範囲を増減調整して得られた範囲が重要範囲として決定される。そして、この判定結果に基づいて映像に対する加工処理を自動的に実行し、生成された加工映像を再生者が視聴する表示装置に表示させる。

オンラインセミナーお申込みはこちらオンラインセミナーお申込みはこちら
オンラインセミナーお申込みはこちら