有償開放特許情報

32,

端末監視装置と端末監視装置のためのプログラム

【出願日:2007年2月2日/出願番号:特願2007−024475】
【登録日:2008年11月14日/登録番号:特許第4216881号】

目的

端末において行われた操作イベントの明示が必要である場合に監視画面で強調表示すること。

技術概要

ネットワークに接続された端末から端末の操作画面情報と操作ログ情報を取得し、その操作ログ情報に含まれる操作イベントに対する操作評価値を取得する。そして、その操作評価値に基づいて明示が必要であると判定した際に操作イベントを明示するための強調イメージを操作画面情報に合成して表示する技術を提供する。これによって、端末において不正な操作が行われたときに監視端末にて強調表示されるため、不正な操作を見逃すことがなくなり、監視が容易になる。

オンラインセミナーお申込みはこちらオンラインセミナーお申込みはこちら
オンラインセミナーお申込みはこちら