企業・団体向け クライアント運用管理ソフトウェア 『SKYSEA Client View』のご紹介

企業・団体向け クライアント運用管理ソフトウェア『SKYSEA Client View』

教育委員会、学校の『情報漏えい対策』を支援

子どもたちの個人情報を扱う校務用コンピュータの情報漏えい対策や、子どもたちに操作させる教育用コンピュータの安全な運用管理を、「SKYSEA Client View」が支援します。

「SKYMENU Pro」「SKYMENU Class」
同じサーバを活用できます

新たに別サーバを構築する必要がなく、導入コストを抑えられるほか、
運用メンテナンスの手間も軽減できます。※同じサーバを使用する場合には条件があります。詳しくはお問い合わせください。

同じサーバを活用イメージ
1. OS・アプリの更新プログラムの適用に手間がかかるWindows® Updateなどの更新プログラム適用を
スムーズに行える仕組みをご用意
コンピュータへ更新プログラムやその他のソフトウェアを一斉配布し、インストールやアップデートを実行できます。スケジュールを設定し、授業に支障が出にくい時間帯に実行することも可能です。
2. 端末を持ち運ぶ機会が多く情報漏えい対策が欠かせない校内のICT使用ルールに沿って操作を制限
USBメモリやスマートフォンの適正利用の促進も
情報漏えいリスクが高い操作の制限やUSBメモリやディスクメディアなどの外部記憶媒体の使用方法を管理することができ、不適切な情報の持ち出しなどを抑制します。
3. 各校のソフトウェアの使用実態が把握できないソフトウェアのインストール状況や
ライセンスを一元管理して適正な利用に
ソフトウェアライセンスの使用状況を一覧で確認・把握できます。ライセンス情報とインストール済みコンピュータとの紐づけも行えるので、適正な管理が可能になります。
4. 学校で発生したトラブルの対応に時間がかかる急な問い合わせにもセンターの管理機から
リモート操作して迅速に対応
教育センターの管理機から、各学校のコンピュータをリモート操作できるので、素早い対応が可能になり、時間・コストの両面を削減することができます。

コンピュータの環境を維持する機能を搭載子どもたちが使用するコンピュータの環境を、常に一定に維持するための機能を搭載しています。

クライアントPC環境保護
端末の各種設定やアプリケーションの追加・削除などの変更を禁止
デスクトップやドキュメントなどのプロファイル情報を、再ログオン時に自動的に復元
トップページ戻る
ページの先頭へ